国庆节快乐!

今日は中国の国慶節(国庆节)です。朝起きて微博を見てみると、どこもかしこも「国庆快乐!」「祖国生日快乐!」「我爱中国」などの言葉と中国国旗が溢れていました。

特に今年は建国70周年ということで、盛り上がりがすごいです。

芸能人や有名人もみんな中国愛を表明しています。芸能人のファンクラブのチャット粉丝群でも、みんな祝福しあっています。絵文字でこんなのを作って発信したり…

日本人の感覚からすると信じられないほどの愛国心ですが、私が中国の人たちから感じるのは、本当に暖かい祖国愛です。例えて言うなら家族愛に近いイメージです。

日本では「愛国心」というと右翼的なネガティブなイメージを持つ方が多いと思いますが、自分たちの国を愛するのは当たり前ではないかな、と最近特に思います。家族愛、郷土愛、そして祖国愛です。

日本では「愛国心」という言葉を使うのも難しいのですが、オリンピックで自国を応援するのも「愛国心」であり、「祖国愛」なのではないかと思います。その点、私はオリンピックにもワールドカップにも興味がないので、「愛国心」はほとんど持っていないのかもしれません。

私の職場の中国人の同僚は中国のテレビで放映されている国慶節の式典を見て涙が出そうになったと言っていました。

私にはない感覚なので驚きですが、ちょっと感動してしまいました。

行き過ぎた愛国教育の賜物だと思われる方もいるかもしれませんが、何にしても「愛」は素晴らしいものではないかと思います。

その「愛国心」や「祖国愛」を強制したり、戦争に利用したり、政治に利用するのが「悪」なのです。

中国は情報操作をしているので、それは強制になるのではないかと思われる方も多いかもしれません。

ただ私は中国の人たちの「祖国愛」は本物だと感じます。親や兄弟を愛するのと同じような本能的なものなのではないかと…

とはいえ、やはり祝福を表明しないと「なぜ祝福しないの?」と言う人たちもいるそうなので有名人の人たちは、祝福することが、ほぼ義務になっているのかもしれません。

しかし多くの人たちは本当に親友の誕生日を祝うように、家族の誕生日を祝うように、愛する人の誕生日を祝うように嬉々として祝福しあっているように見えます。

そして香港の人たちには、また別に郷土愛である「香港愛」があるのだと思います。

みんなアイデンティティーが必要なので、多くの人は自分の属するもの、組織や地域、そして国を愛するのだと思います。ただ自分の属するものが正しい、他の考えは間違っていると思うと、なかなかうまくいきません。

民主主義ではそれを多数決で決めることになるのですが、民主主義のない国の内政や、違う国同士では難しい問題です。

また多数決が正しいとも限りません。

例えばこれが国ではなく企業だったとしたら、社員全員の多数決で決める企業はどうなるだろう?とも思います。

競争力は低下する?それとも社員の意思を反映した素晴らしい企業になる?

中国は民主主義ではないので、選りすぐりのエリートで、しかも駆け引きに長けた強者たちが全てを決定しています。そのため決定は早いし強いと思います。

…が!

サイコパスがトップに来たら恐ろしいですね。民主主義でもサイコパスがトップになることもあるとは思いますが、一応期限(任期)があります。

ともあれ、多くの中国人は国や国のトップを厳しくて怖いけど、自分たちを守ってくれる愛する頑固者のお父さんのように思っているように感じます。

そのお父さんに認められたい、でもお父さんの見てないところではサボったり、ズルをしたりもちょっとある、でもいずれお父さん孝行をしたいと思っている…というような感じがします。(あくまでも中国大陸の中国人の人々です。香港の人たちは血がつながっているけれども、物心つく前に里子に出された子供のように思えます。)

中国の教育は親孝行もこの世で一番大切なものだと教えています。『二十四孝』という子供が親にするべき孝行が定められています。(『二十四孝』についてはまた今度お話しします。今はこれが全部できている人はほとんどいないそうですが…😁)

中国では「親を大切にする」「祖国のためになる人になる」ようにと、はっきり教えています。

確かにその心がなければ、「親の老後は(見ることができるのに)見ない、国が責任を持つべきだ」とか「国に税金を払いたくないから、税率の少ない国に会社や住居を移す」という発想になるのではないかと思います。

もちろん、それぞれの家庭にはそれぞれの事情がありますし、社会福祉は国や自治体の責任です。私たち国民は福祉サービスを利用する権利があります。社会福祉をより充実させることが、国民の幸せにつながるのだと思います。また、節税も当たり前のことだとも思います。

ですが、受けるよりも与える方が幸いである、というのもまた真理です。

国のために税をたくさん払うのが誇らしいと思えるような国にならないと日本の未来はないのではないかなと思う今日この頃です。(と言う私は、所得が低いのでこんなこと言える立場ではありません😅でも質の高い公共サービスを受けることができるのは、たくさん稼いでたくさん税金を払ってくださっている方たちのおかげだと感謝しています。)

では最後に大好きな相声演员、金霏陈曦のお二人の国慶節のコメントを紹介して終わります。

金霏老师说;

祝伟大的祖国生日快乐🇨🇳 我爱你中国 ​​​

『偉大な祖国、誕生日おめでとう。I love you 中国』

陈曦老师说;

我爱你中国🇨🇳。1949——2019伟大的祖国,生日快乐,无论何时何地,祖国永远在我心中!朋友们,请大家说出你们最爱祖国那一点?我们评论区见

『I love you 中国。1949-2019 偉大な祖国よ、誕生日おめでとう。たとえいつ、どこにいようとも、祖国は永遠に僕の心の中にある。友人たちよ(ファンのみんな)、きみたちが一番愛しているのは、祖国のどんなところだろう?みんな語ってくれ。評論(リツイート)で会おう!』

どうですか?すごいでしょう?

ではまた!

下次见😊

谢谢大家💓

次の投稿はこちら😊↓

投稿者: りんりん

2015年8月に中国語独学を始めました。2017年6月中国語検定2級取得。2018年9月HSK5級287点取得。猫が大好き。趣味は吸猫(猫とじゃれあったり遊んだりすること*中国語新語)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です